« 日本茶教室 4月 | トップページ | 東京おかしランド »

霊に導かれて

昨日、29日父の納骨を無事終えました。天気もよくほっとしました。
お墓は家の近く(歩いて行ける所)なのでいつでも行ける場所です。

ここでちょっと父が亡くなってから不思議な事をいくつか挙げていきます。
父は亡くなる前日まで普段とおりの生活をしていました。3月の中旬私が外出している時に主人の母が突然遊びに来て....まあそれが最後の別れになってしまったのですが、ある意味サヨナラをしていたのだと思います。

そして25日、ケアマネージャーが月1回の面談で来て、いつもと変わらない父を見て...でもこれが最後の別れとなってしまいました。
火、水とデイサービスも普通に行き、そこでもこれが最後の別れとなってしまいました。ある意味みんなにサヨナラをしていたのだと思います。

そして29日。亡くなったとき子ども達は出かけていて...娘は友達と公園に行ったり息子は一人で鉄道博物館に行っていて連絡取れず....死に顔をちゃんと見せたかったけどあまり看護婦さんを待たせる事は出来ないので、身支度をしてもらい、娘と主人だけ病院に来てもらうことにしていたのですが...何と病院に来たとき息子もいて、たまたま清澄白河駅で電車に乗る時いつもと違う場所(ドアの場所)にいたら乗ろうとしたドアの所にたまたま息子がいてそのまま一緒に住吉まで来たのです!こんな偶然は滅多にない!!これは父の霊(魂)に導かれたとしか言いようがありません。

そして昨日納骨をし、夕方急に電話がなりその声の主は以前、岡上に住んでいた頃母と仲が良かった方から電話が来て「お父さん元気?」と聞かれ亡くなった旨を告げるとビックリしそして落胆していました。この方は母の時も葬儀が終わった時か納骨の後かは覚えてないけどそういう時に電話してきてくれて......
霊に導かれているんでしょうね。
そして、葬儀屋さんからいただいたお菓子、これが父が住んでいた伊勢原にも支店のあるお店の物で思わずビックリしました。

何か説明はできないけど、こういう事もあるもんだと思って下さい。

偶然ではあるけど必然的でもあり、父はそれなりに色々な人に別れをしてたのではないかと....

4月ももう終わり。5月はいい事がありますように

|

« 日本茶教室 4月 | トップページ | 東京おかしランド »

家族」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霊に導かれて:

« 日本茶教室 4月 | トップページ | 東京おかしランド »