« 都大会 春 | トップページ | なごりのお茶会 »

学校公開 6月

5年になって初めての学校公開。担任も大好きなH先生になっての授業を楽しみにしていたのに.....娘が学校公開前日から嘔吐。水、木と休み金曜(21日)から登校。でも私は仕事が入っていて見れず...土曜も私の区大会があったので見れず.....

土曜は音読発表会があり、娘は長い新聞記事を暗記し、娘のグループは「新聞の記事を読もう」でシリアスな事をする前にコントというかミニ劇みたいな事をする事になっていた。娘は家でどうゆう感じでやるか身振り手振りで教えてくれたので、ものすごく本当は見たかった。他のグループもよかったみたい。

土曜は試合に負けたので午後の道徳だけ見た。クラスの子は積極的に手を挙げ、意見を言っていた。担任がものすごく上手に子どもの考えを誘導して結論を見いだしていた(さすが!)

25日火曜しかゆっくり授業を見れないので、この日2時間目の途中の家庭科から見る。ボタン付けをしていた。娘はぶきっちょなので悪戦苦闘していた(笑)
家庭科の先生はDVDを見せながらボタン付けの解説をしたり、すごく大きいボタンを見せて実際どうゆう感じで縫うかを見せていた。息子の時はこんな風に教えてなかったのでわかりやすい授業をしているな〜と感じた。

3時間めは「総合」の時間で「夢を育む連続講座」の1回目としてPTAでもありレーサーでもあるTさんの話しを聞いた。もともとTさんは私が校外部長をした時に委員として活動してくれた人で人望のあるとてもいい人とはわかってましたが、今回話を聞いてますます凄い人だなあと感じました。
単なるサクセスストーリーだけでなく、子どもの目線で話をし、なおかつ母と死別や中2でガンになった事なども話し挫折と孤独でも夢をあきらめない事を話してました。この話の中で私が感動し共鳴を受けたことをいくつか上げます。

何かの壁にぶつかったり、悩んだりしてもそのまま立ち止まらない。少しでも前に行くと言ってました。これってものすごく大事だと思いました。人生後戻りできない。少しでも前に行けば何か変わる。信じている物があれば必ず報われる事を知りました。
そして仲間チームを信じてラリーをする時ゴールした時誰と喜びを分かち合うかを考えて前に進むと。人生アシストする側、される側に分かれる時があると思うけど最後の成功は自分だけの物ではない。家族、仲間、友達色々な人の力でなし得る事、謙虚な心も大切という事を知りました。
ほんと、人生ってそういう物だと。山もあれば谷もある。でも一歩でも前に行かないと何も始まらない。♪人生楽ありゃ苦もあるさ〜♪黄門様の歌そのものだと。
そして何かする時、上手い人のマネから始めると。これってスポーツでも共通している。まず上手い人のお手本を真似る。そこから自分の型を作って行く。
とにかくものすごく感銘を受けたし、これから自分の人生に応用して生きたいと思いました。

4時間めは図書なのでパス。5時間目は社会。「米作り」の課題。
みんな色々な意見が出た。輸出、輸入やTPP。継承者についてなど。5年の授業かと首をかしげるくらい高度な意見が出たりしてビックリ!!それを担任が全部フォローしてまとめていき、課題やどう思ったか、どうしたいか(対策)などを誘導していた。圧巻としか言いようがない。

6時間目は学活。七夕集会の時にこのクラスの願い事を何にするか?を決めていた。この時も意見を言う子は常連で....でも2〜3人で意見交換(話し合い)する時はおとなしい子もちゃんと言っていた。多数決で意見を決めるのではなく「〇〇がいいから〇〇の願い事に賛成です」と言っていた。普段発言しない子も副議長に指名されると立ってちゃんと意見言えてた。
最後担任が言っていたけど「形のない物を作っていく事は実は重要で、でも難しい。」まさにその通りである。今のうちに討論の場数を踏んでいれば中学に行ってもいや大人になっても動じないと思う。そして「今日のMVP」と言うのを決めていた。これはこの話し合いでいい事を言った人や行いをした人の名前を上げ、どこがよかったかを言う。ほめられた人はうれしいと思うし、人のいい所を探すのも実はものすごくエラい事だと思う。K君が「色々な意見が出てちゃんと願い事が決まったからクラス全員がMVP」と言っていたけどまさにその通り。未来を託せる素晴らしいみんな!(ほめすぎ?)

今回ゆっくり見れたのは1日だけで残念だったけど、またの機会に期待したい。
次回は9月が学校公開。今から楽しみ

|

« 都大会 春 | トップページ | なごりのお茶会 »

学問・資格」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学校公開 6月:

« 都大会 春 | トップページ | なごりのお茶会 »