« 山王嘉祥祭り | トップページ | 日本茶教室 6月 »

山王嘉祥祭り その2

今回、初めて嘉祥祭りに参加し、後ろの方の席に座ったので郡司がどのように和菓子を作っているか手元が全然見えなかった。来年見に行けたら前のかぶりつきの席に座ろう。多分緑の練りきりの方は型にいれて出したんだと思う。あやめの方は三角棒を使って作ったんではないかな?

日枝神社の神主さん達が祝詞を述べたり、巫女さんの舞いがあったりと結構本格的だった。こんな状況を見るのは新年の初詣の時以来。

嘉祥の日(6月16日)とは平安の昔、仁明天皇嘉祥元年(848)神託により、6月16日に16の菓子を供え「疫病退散」と祈願、年号を改められた。

Img_0090 以前一度注文した事のあるとらやの「嘉祥菓子7個盛り」です。
以前食べた時は食べ詰まったけど今回はバクバク食べてしまいました。
これで健康と招福は大丈夫って感じ(笑)

|

« 山王嘉祥祭り | トップページ | 日本茶教室 6月 »

和菓子」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山王嘉祥祭り その2:

« 山王嘉祥祭り | トップページ | 日本茶教室 6月 »